臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

統合失調症

統合失調症とは

統合失調症 1.はじめに 統合失調症は、発生頻度の高さ、病像の特異性、治療上の困難さなどから、最も重視すべき病気といえる。にもかかわらず、身体的基盤については今のところ確実な知見が得られていない。その診断はもっぱら精神症状と経過を観察するこ…