臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてだらだらと書き綴るサイト。

ウェクスラー成人知能検査

1.ウェクスラー成人知能検査とは



 成人用の個別式知能検査法。精神発達の遅れを鑑別するために作成されたビネー法が、成人には不十分であることから、1939 年、ペルヴュー病院のウェクスラーが「ウェクスラー=ペルヴュー知能検査」を開発した。ウェクスラーは、知能を「目的的に行動し、合理的に思考し、効率的に環境を処理する総合能力」と定義した。その後、問題項目やサンプリング上の欠陥を修正し、1955年に「ウェクスラー成人知能検査(WAIS)」に改名している。

 なお、検査結果は、その年齢の被検者の成績を同年齢群の者が獲得した平均得点と比較することによって知能水準を示す偏差値IQで表される。

2.知能検査(WAIS)

(1)下位尺度の意味

 3つの思考機能。

A.記憶・概念形成

 記憶と体験の体制化と蓄積に作用する。

B.注意・集中・予測

 現実の各状況において、個人が自らを選択的にどちらかへ方向付けるのに関与する。

C.視覚の体制化・視覚ー運動系の協応

 知覚過程及び、それが運動過程を方向付ける際に取る不可欠な役割に作用する。

(2)下位尺度の特徴

A.一般的知識

 記憶がどれくらい発達し、どれくらい機能するのかを見る検査。ここでの「記憶」は、機会的記名などを意味せず、発達の過程においで体験した言葉や事実、及びその相互関係が、自己の欲求・興味・感情等に作用することによって、その人独自の枠に取り込まれる種類の記憶である。このような記憶に基づく体験は、生まれつきの資質と幼少期の教育、文化の影響に基づく。そして、単なる単語問題よりも、体験の増加と学校教育によって改善されやすい性質を持っている。

 →知識欲、教育的な関わりとコミットの程度(→適応と制御)、資質などなど。

B.一般的理解

 判断力の検査である。ある状況をどの程度適確にとらえ、処理する力があるかを見ることができる。ここでの問いとは常に「どうあるべきか」という形で行われ、社会適応的な判断を求めるもので、常識的で、ありきたりな判断がどのくらいできるかが得点となって示される。判断とは、純粋に知的・論理的なものではなく、知性と情緒性の中間領域に位置づけられるがゆえ、情緒的に安定していると、よい判断が得られ、得点は高くなるし、逆に不適応を生じていると判断は悪くなる。

 →社会的な適応力、情緒的な安定度、学校教育の程度など。

C.算数問題

 基本的に集中力の検査であるが、集中の前提として注意力が必要となる検査。時間制限が、一般的には注意の集中をより強める。しかし、不安が生じると、注意・集中が妨げられ、得点の低下を招く。

 →集中力、注意力、不安(→不安になりやすい程度)

D.類似問題

 言語的な概念構成の機能を見る検査。どんな概念形成を行うかによって、その人の概念的思考めレベルを見ることができ、そこから思考における柔軟性の度合いを見ることができる。同時に、相互関係をどのように見ているか、自分を取り巻く世界とどのような関係を持っているかを知ることができる。概念思考のレベルは、具体的レベル、機能レベル、抽象レベルの3種に区分される。

 →抽象的思考のレベル、思考の柔軟性、世界と自分との関係性

E.数唱問題       `                   

 機会的な繰り返しで、注意力が良いと成績が良くなる。これは努力抜きの注意力を意味しており、それゆえ、一生懸命問題を覚えようとすればするほど、余分なものが入り込み、返って失敗してしまう。不安があるとこの種の注意力はたちまち落ちるので、潜在する不安の指標となることが多い。

 →不安の存在の指標、注意力、平常心

F.単語間薤

 記憶(一般的知識で述べた意味での)と概念形成及びその相互関係の程度を見るためのテストで、言語性下位検査の中心に位置づけられる。単語の意味を与えるという体験的文脈の体制化とその獲得に、思考機能としての記憶と概念形成の焦点があるためである。

 一般的知識は学校教育によって上昇するが、語彙の豊かさ、定義の正確さと細かさは、生まれつきの資質と幼少期の文化・教育環境の影響が大きく、後年における経験と教育では改善されない。幼少期に情緒的受容が許され、語彙についての豊か夸環境と適度な刺激があると、語彙は広く、かつ定義は確かになる。すなわち、豊かな情緒発達は、文化的なものへの意欲的な促進に役立つものであり、思考作用の情緒的側面が抑えられている人は、単語問題での得点が低くなる。ただし、知性化によって自己防衛する人は得点が高い。

 なお、単語問題の成績は総合知能と非常に相関が高いといわれ、また、種々の思考機能のうちで一度形成されるともっとも損傷を受けにくい面を示しており、シェーファーは分析の基本に単語問題をおいている。

 →体験の獲得の程度、思考と記憶の結びつき、・幼少期の環境の程度、情緒的側面

G.符号問題

 これは積み木、組み合わせと並んで、スムーズな視覚一運動の協応を要するテストである。前の2つとの差は、単なる模倣的・機械的な仕事であること、スピードが最も必要なので視覚一運動の協応と同じくらい集中力を見ることに役立つこと、符号と対照しながら欄を埋めて行くという最も運動面において複雑であること、学習効果が参加することなどであり、そこに特徴がある。

H.絵画完成

 視覚の体制化によって絵の本質を把握しなければならない点で、絵画配列と同じであるが、ここでは欠如部分を探すために注意の集中と慎重に焦点を決めていくことが必要である。したがって視知覚刺激を用いた注意集中力テストということができる(算数は聴覚刺激による)。

I.積木問題

 視覚ー運動の協応以前に、視覚の体制化による全体的なデザイン認知の後、そのデザインを構成するべき一つ一つの積木に視覚を分化させなければならない。それゆえ、その人の概念形成の様式と同じような思考過程をテスト遂行中に見ることができる。

J.絵画配列

 一枚一枚の絵を視覚的体制化によってそれぞれの本質を把握し、意味のある配列にするために、次にくるべき絵を予測しなければならない。それゆえ、視覚的体制化と同時に予測のテストでもある。日常において忘れられてはいるが、毎日意味をもつ出来事の連続を理解し生活するためにはつねに予測が必要で、この種の予期・予測力が見られる。

K.組合せ問題

 ここでは部分のみが与えられるので、よい成績を取るためには適切な予測力とスムーズな視覚ー運動の協応を必要とする。知覚的な体制化と予測がうまくいけば、動作はし発見されたパターンの繰り返しなので、さほど重要ではない。視覚的体制化の曖昧な大は、試行錯誤的に断片をつなぎ合わせていき、再体制化の後で視覚ー運動の協応を示して、テストを遂行することになる。

MMPI

1.MMPI(Minnesota Multi phasic Personality Inventory)とは



 MMPIは、ミネソタ大学のハサウェイとマッキンレイによって作成された心理検査である。オリジナルは566項目、日本版では550項目の質問から構成されている。質問項目は、当時の問診内容や医学的な教科書、各種の性格検査などから選ばれたもので、正常者群とそうでない群との間で項目分析を行い、有意差の認められた項目だけが集められた。

 もともとは、クレペリンによる精神病の分類をもとに、精神障害の種類と程度を把握するために作成されたものであるため、経験的にいけそうな質問項目が選ばれている。

2.MMPIの特徴

 基本的には「当てはまる」「当てはまらない」のどちらかを回答するが、どうしても決められない場合のみ「どちらでもない」を選択する(その際、10個以下にするように教示する)。

  • 回答様式:3件法
  • 項目数:550項目
  • 検査時間:90分程度、集団検査可能
  • 適応範囲:臨床方面が中心

※個人的にMMPIは、項目数が多いこともあって途中で本当にうんざりする検査である。最後の方は面倒くさくなってついつい手を抜きがち。良くも悪くも、理論的な背景がない上、色々な指標がまんべんなく詰め込まれているという意味で、特盛幕の内弁当的な心理検査という印象を受ける。

3.2つの尺度(妥当性尺度と臨床尺度)

 MMPIは、人格特性を捉える臨床尺度と被験者の意識的・無意識的な歪みを把握する妥当性尺度により構成されている。

(1)4つの妥当性尺度

 妥当性尺度とは、被験者の回答が歪曲されていないかなどを見極め、補正するための尺度である。検査に対して、どのような取り組み態度であったのかを調べる。まず最初に妥当性尺度によってテスト態度が見られ、次にMMPIの中核である臨床尺度を検討する。

A.?尺度(The Question Score)

 疑問点。「どちらでもない」と回答した数で、多いと信頼度が落ちる。防衛的か、優柔不断か。抑うつ状態などでも得点は高くなる。

B.L尺度(The Lie Score)

 虚構点。社会的望ましさを調べる尺度。良い格好しいかどうか。実際よりも自分をよく見せようとする傾向が反映される。ヒステリー性格の人はこの傾向をしばしば示す。

C.F尺度(The Validity Score)

 妥当点。通常では起こり得ないような内容に対して、「はい」と答える頻度を調べる。被験者の不注意、質問内容の理解不足、検査への非協力的な態度をチェックする。抑うつ状態や統合失調症などでも高くなる。

D.K尺度(The K Score)

 修正点。L点やF点と同様に検査態度を測定する尺度だが、他の妥当性尺度よりも微妙な内容を含み、独特な歪曲傾向を検出しようとする。また、診断上の精度を上げるため、各尺度の粗点にK点の粗点を適当な比率で加え、修正粗点とする。

(2)10の臨床尺度

 MMPIの質問項目は、精神医学的な病理群と健常群とを弁別できるかどうかによって選ばれている。その質問内容を病理内容別に分類したのが臨床尺度である。被験者には、どのようなパーソナリティの特徴(病理など)があるのかを明らかにする。

A.第1尺度:心気症尺度(1,Hs)

 些細な身体的・心理的な症状を意識し、過度の懸念と不安を持つ傾向を測定する指標。どうでもいいことを気にして、勝手に不安になるかどうか。高い場合は、直面する問題の解決方法が未熟で、そこから生じる不安が身体症状へと姿を変えて出現する。ヒステリー性格、ヒポコンドリー性格など。低い場合は、身体的・心理的なことに鈍感か、抑圧していることなどが想定される。

B.第2尺度:抑うつ性尺度(2,D)

 抑うつ状態を測定する指標。何かと鬱々しやすいかどうか。高い場合は、活動水準が低下し、やる気がなく、心配性で、自信がない。興味関心の幅も狭い。また、D尺度は、Hs尺度やHy尺度とともに、神経症的反応傾向の選別にも用いられる。

C.第3尺度:ヒステリー尺度(3,Hy)

 ヒステリー性格を測定する指標。高い場合は、精神的に行き詰まりを感じると逃げ出し、無意識のうちに身体症状に転換する。未成熟で、欲求不満耐性が低い。性格的には、社交的で、明るく朗らかだが、心配性で、派手好き、見栄っ張り、自由気まま、思い込みやすいという特徴を持つ。

D.第4尺度:精神病質的偏奇(4,Pd)

 無責任て自分勝手、反社会的な行動に走りやすい傾向を測定する指標。快楽原則に従い、現実に踏みとどまることができない。高い場合は、情緒的な反応性に欠き、思いやりがなく、治療も続きにくい。反社会的な行動に走るだけでなく、病的な興奮や抑うつ状態にも突入したがる。

E.第5尺度:性度尺度(5,Mf)

 興味がどの程度男性的か、女性的かを測定する指標。男性が高い場合、感受性が強く、理想主義的で、対人関係では依存的・受動的な傾向が強い。低い場合は、自然科学やスポーツに興味を持つ。女性の場合は、男性の高低と逆のことがいえる。

F.第6尺度:パラノイア尺度(6,Pa)

 疑り深く、敵意を向けがち。過度の感受性と勘ぐり、猜疑的傾向を測定する指標。極端に高い場合は、過度に敏感で、猜疑的で、関係妄想・被害妄想・好訴妄想などに結びつきやすい。性格的には、悩みが多く、敏感、自信がなく、感情的で、依存的といえる。

G.第7尺度:精神衰弱尺度(7,Pt)

 不安、恐怖、強迫観念を測定する指標。高い場合は、軽度の抑うつ、過度の悩み、自信欠如、注意散漫、強迫的などが想定される。

H.第8尺度:統合失調症尺度(8,Sc)

 自閉的あるいは偏奇した思考や行動を測定する指標。主観的で、自分だけの世界に閉じこもりがちになり、現実世界から引きこもる。そのため、特異なことへの関心や協調性の乏しさ、疎通性のなさなどが特徴とされる。

I.第9尺度:軽躁性尺度(9,Ma)

 落ち着きがなくて衝動的など、活動水準の高さを測定する指標。高い場合は、多弁、社交的、衝動的、落ち着きがない。魅力的であるが、まとまりに欠け、注意散漫で、傍若無人で、自己中心であることも。

J.第0尺度:社会的向性尺度(0,Si)

 もともと臨床尺度に含まれていなかったが、一般的に使用されることとなったためコード0とされ、基礎的な尺度に加えられた。高い場合は、内気、無口、引っ込み思案などの内向性を示し、低い場合は、社交的、活動的、野心的などの外向性を示す。

4.解釈方法

 妥当性尺度によって被験者のプロフィールに示される特徴の信頼度を確かめた後、臨床尺度のプロフィールパターンから人格特性を推測する。その後、それぞれの項目に対する回答の独自性や、過去の資料、生活史などの情報から人格像を見立てることになる。

 プロフィールパターンには、以下の種類がある。

  • 逆V字型:急性の精神病などの可能性
  • 転換V:身体表現性障害の可能性
  • 精神病V:統合失調症や妄想性障害の可能性
  • スカーレットオハラV:他者を誘惑して振り回す傾向
  • 2数字コードタイプ:2つの高得点尺度の特徴から解釈する、3文字や4文字コードタイプも存在する
  • 境界性人格障害の可能性:臨床尺度全体が70点以上は境界性人格障害が疑われる

5.補足

 質問項目が多すぎて時間がかかる。質問内容が古い。各臨床尺度別では診断の妥当性が低いなど、心理測定学的に信頼性・妥当性への疑問が残されている。

MAS(顕在性不安尺度)

1.不安に関する2つの質問紙法



 アイゼンクら(1985)は、①特性とは、様々な状況を通じて行動を規則的・永続的に決定する要因であり、②状態とは、ある特定のときに生じる要因であるという。

 テイラー(1953)のMAS(顕在性不安尺度:Manifest Anxiety Scale)は、永続的な不安(特性不安)を測定するために考案された質問紙である。一方で、キャッテルらは、不安は何らかの嫌な出来事をきっかけに生じた一時的な状態でもあると考え、特性不安だけでなく状態不安も加えるべきとしててSTAI(状態ー特性不安尺度、State-Trait Anxiety Inventory)という質問紙を開発した。STAIは、MASの上位互換といえよう。

2.MAS(顕在性不安尺度)

 MASは、日常生活の中でその人が意識している特性不安を測定する検査である。テーラーは、MMPIの中から50項目を選び出してMASを作成した。オリジナルは275項目であるが、日本版では妥当性尺度のL尺度15項目を加えた65項目で構成されている。

 良くも悪くも、意識している不安、意識できている不安しか測定できないのが特徴であるため(単独で用いにくく)、ロールシャッハテストなどの投影法とテストバッテリーすることが求められる。なお、児童用にA.カスタネーダとB.S.マッキャンドレスによって考案されたCMAS(児童用不安測定尺度)がある。

※院生の頃、交際相手にフラれたショックの中でMASをやったらフルスコアだった。良くも悪くもそんな検査。

3.STAI(状態ー特性不安尺度)

 別の記事参照。