臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

心理学用語集 過補償とは

過補償

補償が過大になりすぎるため、かえって様々な障害が生じること。アドラーによって導入された概念である。人間は幼く、弱小だった存在だった頃の劣等感を補償し、優越感を勝ち得ようとする傾向がみんなに見られ、それが成功をもたらす補償になるときもあれば、過大になると返って神経症状態や不適応に陥るときもあるとし、それを過補償と呼んだ。

過ぎたるは及ばざるが如しの「過ぎたる」の部分のこと。塩のかけ過ぎのようなものか。