臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

意志薄弱と意志欠如(者)


f:id:nutshell:20210803214126p:plain:w280

1.意志薄弱

意志薄弱とは、環境の影響を異常に受けやすい傾向のことである。シュナイダーの意志欠如とほぼ同じ意味か、それよりは軽い程度とされる。意志の発動性と持続性が弱いため、主体性や自主性に欠け、周囲の影響を受けてころころと態度を変えやすい。手の平を返すことにも抵抗がなく、信用おけない。言うまでもなく、良い影響よりも、安易で欲求充足的な影響を受ける。ブロイラーは、意志薄弱を変温動物に例えている。

こうしたいとか、こうしようというのがほとんどないので、誘われるとほいほいとついていく。自分ではどうすることもできないとの思いに支配され、そうそうにすべてを諦めているのかもしれない。

2.意志欠如(者)

意志欠如者とは、シュナイダーの精神病質人格10類型の1つである。あらゆる刺激に対して無抵抗で、異常なほどに周囲の影響を受けやすい。そそのかされてばかりいる。いわば「変温性の環境人間」であり、良い影響も受けやすいが、その枠組がなくなるとそれもなくなり、再びその瞬間の影響を受けて流されることになる。一応、失敗すれば後悔をする振りをするが、それが長続きすることはない。

こうしたいとか、こうしようというのが存在せず、ただただ流されている自分に親和している。自分のことを無力で、無価値と思っているのかもしれない。