臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

心理学用語 敏感者とは

敏感者(びんかんしゃ)


E.クレッチマーによると、敏感者とは、強い感受性を持つものの、感じ取ったものに縛られて適切に処理できない人である。また、無力感を抱く一方、高い理想自我を備えているため、罪悪感や屈辱感を抱きやすい。対人関係の場合、敏感関係妄想にまで発展してしまうこともある。K.シュナイダーも、精神病質人格の中で自信欠如の一亜型として敏感者をあげている。

ちなみに過敏者と敏感者は基本的に同じ特徴を備えているが、敏感者の方がより病的である。

何かと気にしいな上、自分はできる人間であると勘違いしているため、すぐに自分は駄目だとの思いを強めやすい。ときにそれが病的な水準にまでいたる。何かと面倒くさい。