臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

様々なうつ病(うつ病の種類の続き)

1.心因性うつ病



f:id:nutshell:20201004215752p:plain:w300

心因性うつ病には、狭義の概念と広義の概念がある。狭義の概念は、もともとJ.ランゲが提唱したものである。J.ランゲは、内因性うつ病、反応性うつ病、心因性うつ病の3つに分けた。反応性うつ病は、抑うつに至るきっかけに遭ってうつ状態を生じさせたものである。「そりゃあ、仕方がない。」と了解できる。それに対し、心因性うつ病は、抑うつに至る明確なきっかけはなく、もともと抑うつを引き起こさないはずの心因によってうつ状態を生じたものをいう。「え、そんなことで?」抑うつ状態に至る。これはH.フェルケルの神経症性うつ病やP.キールホルツの消耗性うつ病と重なる。

その一方、広義の心因性うつ病は、身体因性うつ病、内因性うつ病に対するもので、反応性うつ病、神経症性うつ病、異常な抑うつ的発展などを含んでいる。


2.神経症性うつ病


H.フェルケルによると、神経症性うつ病とは、幼児期の葛藤が未だに残されており、依然として対峙できない自分に悲壮感を抱いてうつ状態を示すとされる。多くの場合、親子関係が障害されているとされる。過去の傷をずっと引きずっている。内容的には抑うつ神経症と何ら変わらない。


3.抑うつ神経症



f:id:nutshell:20201004220512p:plain:w300

うつ状態とは、抑うつ、不安、興味・関心の低下、制止のほか、

  • 精神症状として、罪悪感、自殺念慮など、
  • 身体症状として、不眠、食欲低下、性欲低下、知覚過敏などがある。

日内変動が見られることも多い。そもそも抑うつ神経症は、内因性うつ病に比べて軽症である。また、不安が強く、ストレスと関連して症状が変化する。特に対象喪失などが発病や経過に影響することが認められている。

なお、抑うつ神経症は依存性パーソナリティ障害や境界性パーソナリティ障害などのパーソナリティ障害を伴うことが多いとされる。


4.反応性うつ病



f:id:nutshell:20201004215952p:plain:w250

対象喪失など、抑うつが生じることが了解できるうつ状態のこと。抑うつの内容は、きっかけとなった出来事に集中し、それが薄れると抑うつも薄れ、やがて消える。「そりゃあ、仕方がない。」と了解できる。抑うつ反応に比べると、抑うつ症状が重い。内因性うつ病とは異なり、自分自身について悲しんだり、絶望したりせず、むしろ外に向かって反抗する。攻撃性は(自分自身にではなく)きっかけをつくった人物や出来事に向けられる。

厳密にいえば、幼少期からの葛藤や神経症的な症状があれば、神経症性うつ病と判断することもできるが、実際にはそれほど区別されることはない。


5.抑うつ反応


神経症の一つ。神経症性抑うつや適応障害(短期抑うつ反応や遷延性抑うつ反応)に含まれる。抑うつにさせられる出来事があり、それによって直接生じる抑うつ状態をいう。抑うつの内容は、出来事そのものであり、通常の悲哀よりも強く、ときには精神病水準にも至る。しかし、そのきっかけとなる出来事がなくなると抑うつも消える。

重症なものを反応性うつ病と呼ぶこともある(が、その区別はあいまい)。


6.遷延性抑うつ反応


遷延とは、本来あるべき一定の期間がなんらかの原因によって長引いていることを意味している。通常、うつ病は一定の期間に限定されるが、「遷延性」の場合は、予後の良くないうつ病ということを表す。

遷延性うつ病と慢性うつ病はしばしば混同され、両者を合わせて難治性うつ病という。


7.軽うつ病


内因性うつ病の軽症型。自律神経うつ病、仮面うつ病と重なる概念である。精神症状よりも身体的愁訴の方が主で、その内容は、だるい、疲れやすい、食欲がない、頭が重いなど。いわゆる不定愁訴。


8.警告うつ病


H.ラウターが提唱した概念。癌などの悪性疾患が見つかる数週間から数か月前にうつ病が先行して見られることをいう。


9.仮面うつ病



f:id:nutshell:20201004220408p:plain:w300

うつ病に伴って生じる身体症状が前面にあって、抑うつ気分などの精神症状を隠している場合をいう。V.クレールが、仮面うつ病と呼んでから広く用いられるようになった。もともと、抑うつなきうつ病とよばれていたものと同じである。

身体的な不定愁訴は多岐にわたるが、身体症状の仮面の背後にうつ症状が存在する。