臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

気分障害とは

気分障害



f:id:nutshell:20200915221924p:plain:w300


1.気分障害の成り立ち



f:id:nutshell:20200909212706p:plain:w400

従来の抑うつ神経症躁うつ病情動性人格異常など、抑うつや気分の高揚などの気分変化を主とするカテゴリーの総称として、1987年、DSM-Ⅲ-Rで最初に用いられた疾病分類。後にICD-10においても採用された。これまでは感情障害とされてきたが、全般的かつ持続的な情動の変化を指すには「気分」という語がよりふさわしいとして、気分障害という名称が採用されている。下位分類として、単極性障害双極性障害が含まれる。現在の気分障害は、従来の内因性うつ病の概念を放棄したものだが、それはE,クレペリンの述べたものに極めて近い。

気分障害は、統合失調症と同様に生物学的要因の強い障害である。発病には遺伝的要因が強く関与しているとされる。

うつ病は、病的状態から健康なものまで連続性を持っている。ストレスが掛かっているときには、もともと健康な人でさえ軽度のうつは起こりうる。フロイトは、うつ病に共通することとして、極端な自己価値の引き下げと、内部に向けた怒りの結果であると説明した。また、躁うつ病に関しては、幼児期において良い対象の確立に失敗したことの反映としてるとし、抑うつポジションを未だに克服していないとされる(クライン、1975)。



2.気分障害の種類


(1)単極性障害:うつのみ


f:id:nutshell:20200914211855p:plain:w300

ア 大うつ病:重いうつ

抑うつ気分が何か月も続き、日常生活に支障が出る。それを見続けた家族は、困惑して無力感を募らせて、やがていら立つ。主な特徴は、抑うつ気分、興味関心の減退、無価値感、過剰な罪悪感、食欲減退・食欲増進、睡眠障害・過眠、落ち着かない、疲労感、集中力の低下、決断困難、希死念慮・自殺念慮など。

イ 気分変調症:軽いが慢性的なうつ

ずーっと暗く、不安で、心配性で、いら立ちやすい。症状があまり激しくないため、見過ごされやすい。主な特徴は、食欲減退・過食、不眠・過眠、気力低下、披露、自尊心の低下(無価値感、不適応感、劣等感)、集中力の低下、決断困難、絶望感など。

(2)双極性障害(うつと躁)


f:id:nutshell:20200915223732p:plain:w250

躁状態と抑うつ状態を別々に経験するだけでなく、両方混ざったりもする。気分が抑うつでありながら、思考が頭を駆け巡って止まらない状態など。血縁者に躁うつ病患者がいる場合、発症率は平均よりも10倍も高くなる。

ア 双極Ⅰ型障害(躁うつ病):うつも躁も重い

気分や気力、睡眠時間が大きく揺れ動く。約60%はアルコールまたは薬物乱用をみなされる基準を満たしている。アルコール依存症×双極Ⅰ型の場合の自殺率は2倍近い。アルコール依存症や薬物依存症×双極Ⅰ型の場合、予後が悪く、急速交代型の双極性障害に発展する可能性が高くなる。主な症状は、気分の高揚と開放感といら立ち、自尊心の肥大(異常に自己肯定的)、睡眠欲求の減退、じょう舌、観念奔逸(思考が止まらない)、注意散漫、性欲の亢進、仕事量の増加、危険を冒すなどである。

イ 双極Ⅱ型障害:躁が比較的軽い

大うつ病エピソードと軽躁病エピソードを経験する。双極性障害の約60%がこのタイプを占める。うつ病エピソードのときにしか受信しないため、単極性と誤診されることが多い。

ウ 気分循環症:うつも躁も軽いが慢性的

交互に現れるか、あるいは混ざって現れる。比較的軽い気分の変動が見られる(とはいっても、生じる問題は軽くない)。気分屋や気難しい人と見られる。パーソナリティ障害と誤診されることもある。主な特徴は、睡眠過多・減少、引きこもり・社交的、寡黙・多弁、理由のない涙・笑い、思考の鈍化・思考明晰、自身の低下・自信過剰、心配・楽天的など。


3.原因



f:id:nutshell:20200915223755p:plain:w350

うつ病患者には、うつ病と結びつく遺伝的・生化学的機能障害がもともとあり、その障害が、家庭環境の中の何らかの出来事をきっかけに表面化すると考えられている。


「うつ」と「躁」の教科書

「うつ」と「躁」の教科書