臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

心理学用語集 常習(慣習)犯罪者とは

常習(慣習)犯罪者(じょうしゅうはんざいしゃ)


犯罪が常習(慣習)となっている犯罪性の進んだ犯罪者の一類型。ヴァールベルクによって提唱され、アシャッフェンブルクによって、その犯罪者分類(偶発殺人、激情犯人、機会犯人、予謀犯人、累犯者、慣習犯、職業犯)の中に位置づけられた。

C.ロンブローゾによる生来性犯人、およびH.W.グレーレによる傾向犯罪者もこれに似た概念である。

犯罪の原因は、本人の性格と環境の関係にあるが、慣習犯罪者の場合は本人の人格特徴が重視されている。情性欠如・抑制欠如・爆発性を合併するような異常性格者では、些細な刺激に反応して多方向の慣習犯罪者になることが多い。