臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

心理学用語集 偶発犯罪者とは

偶発犯罪者(ぐうはつはんざいしゃ)

不注意または過失によって、犯罪を起こすことになったもの。この場合、機会犯罪者と同様、一時的なものであるが故意ではない。たまたまそうなってしまった系。