臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

抗精神病薬の種類 抗躁薬(気分安定薬)

抗躁薬(気分安定薬)の種類


f:id:nutshell:20200906231517p:plain:w350

気分の変調を是正するために投与した抗うつ薬を「補強する薬剤」、または「維持期の再燃を予防するための薬剤」である。

  • 総称名テグレトール、一般名カルバマゼピン。非常に多彩な適応効能を持つ薬剤。基本的には抗てんかん薬で、重篤な副作用に注意。

  • 総称名デパケン、総称名セレニカ、一般名バルプロ酸ナトリウム。もともとは抗てんかん薬で、古くから気分安定薬として使われてきた。外傷性てんかんの発作防止のためにも使われる。デパケンは、急速交代型や躁うつ混合状態のような躁状態に有効であるとされる。

  • 総称名リーマス、一般名炭酸リチウム。作用機序は不明。もともとオーストリアの研究者が尿酸の毒性を強める研究を行っていたところ、モルモットにリチウムを注射すると落ち着いた行動を見せるようになったことから発見された。リーマスは、高揚感や万能感といった典型的な躁状態に有効であるとされる。なお、炭酸リチウムは強い毒物であり、その治療域と中毒域がきわめて近いという欠点を持っているため、服用期間中は定期的に血中濃度を測定しなければならない。