臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

向精神薬 睡眠薬の特徴

睡眠薬とは


f:id:nutshell:20200823230302p:plain:w280

睡眠薬は、睡眠導入剤とも呼ばれ、睡眠障害(不眠症など)や睡眠が必要なときに基いられる薬の総称である。睡眠薬には、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系、シクロピロロン系、抗ヒスタミン薬などがあり、それぞれの薬が作用時間によって、超短期作用時間型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型に分類される。

古典的な睡眠薬としては、バルビツール酸系が有名であるが、依存や耐性などが生じやすいことから、社会でより安全性の高いベンゾジアゼピン系がファーストチョイス(第一選択薬)として処方されている。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は抗不安薬としても使用されることがあり、また逆に抗不安薬や向精神薬を睡眠薬として使用することもある。

睡眠薬は、総じて比較的副作用の多い薬であり、依存や耐性の形成、退薬症状、脱抑制、前向性健忘、日中の眠気、悪夢などの副作用が指摘されている。睡眠薬や抗不安薬をマイナートランキライザー、抗精神病薬をメジャートランキライザーという。睡眠薬は基本的に睡眠のスイッチを入れるものであり、強制的に脳を眠られる効果は持っていない。