臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

依存性薬物の分類 覚醒剤型

覚醒剤型


代表的なものは、アンフェタミン、メタンフェタミンなど。


f:id:nutshell:20200810011440p:plain:w200


中枢作用:興奮 精神依存:+++ 身体依存:- 耐性:+++

覚醒亢進と食欲減退をもたらすのが特徴である。こうした作用は12時間以上も続き、多量に摂取すると暴力的行為、不安、不眠、さらには幻覚、妄想、情緒不安定といったパラノイドの兆候を引き起こす。

アメリカ人薬理学者チェンは、古代中国の処方から、砂漠のシナマオウが喘息に有効であることを知り、系統的な研究の末、この植物から純粋なアルカロイドを分離することに成功した。しかし、この植物から薬を抽出する作業は効率が悪かったため、化学合成を試みた結果、エフェドリンの代わりに合成されたのがアンフェタミンである。当初、鼻詰まりの吸入薬として使用されたが、まもなくその刺激作用が注目され、医師はうつ状態にこの薬を処方するようになった。しかし、その薬害が明らかになってからは医療目的はほぼなくなった。

なお、アメリカやイギリスでは主にアンフェタミン系が使用され、日本ではメタンフェタミン系が広く出回っている。中枢神経興奮作用は、メタンフェタミンの方がアンフェタミンよりも2倍近く強いとされる。


1.アンフェタミンとは


アンフェタミンは、1887年にルーマニアの化学者ラザル・エデレアーヌによってベルリン大学で合成された薬である。日本国内では、覚醒剤取締法によってフェニルメチルアミノプロパンとして規制対象となっている。なお、日本で「覚醒剤」として密売されているのはアンフェタミンではなくメタンフェタミンだが、昔、ゼドリンという商品名で売られたこともあった。

アンフェタミンを使用すると、瞳孔が拡大し、呼吸数・心拍数・血圧が急激に上昇し、食欲減退・神経過敏・活動の亢進といった中枢神経の興奮作用が起こる。精神的には、高揚した気分になり、陶酔感・多幸感・社交性の増大といった作用が発現する。一見すると良い面が目立つように思えるが、副作用が何よりも問題である。長期間使用したり、一時的とはいえ大量に使用したりすると、統合失調症に似た精神状態や不眠、攻撃性の増加といった副作用が現れることになる。


2.メタンフェタミンとは


メタンフェタミンは、1983年に東京帝国大学教授の長井長義によってエンドロフィンから合成された薬である。日本国内では一般的に「覚醒剤」と呼ばれている。1941年に大日本製薬からヒロポンとして発売され、第二次世界大戦中において生産性向上のため、政府によって軍需物資として使用された。軍部によって「突撃錠」や「猫目錠」として夜間戦闘機の搭乗員や軍需工場の作業員に配布され、戦争末期には特攻隊員に「特効錠」として支給されたといわれている。それが戦後になると民間に流出しただけでなく、ヒロポンも薬局で市販されたため、これを常用する労働者が激増して社会に蔓延することとなった。社会問題化したメタンフェタミンを規制するため、1951年に覚醒剤取締法が制定され、1954年にはその罰則を強化し、一時的に社会から姿を消すことになった。しかし、1970年代になると非合法されたメタンフェタミンは、暴力団が独占的に販売するようになりその資金源となっている。

メタンフェタミンを使用すると、アンフェタミン同様に瞳孔が拡大し、呼吸数や心拍数が急激に上昇するなど中枢神経系の興奮が起こる。精神的には、高揚した気分となり、多幸感と呼ばれる状態に包まれる。メタンフェタミンのこのような作用には、脳内のA10神経とドーパミンが深く関わっていることが明らかにされている。 アンフェタミン同様に副作用が問題で、きょろきょろ、そわそわといった常同行動が見られ、過覚醒のために数日に渡って不眠状態が続くことになる。また、脳内においてはドーパミンが過剰に供給されるという統合失調症に似た作用機序が生じるため、幻覚妄想といった症状が現れ、長期間使用すると覚醒剤後遺症として統合失調症様の症状を呈することになる。