臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

色々な交通犯 暴走族

暴走族とは


f:id:nutshell:20200712223807p:plain:w400

1980~90年代、高度成長期真っ只中の社会は、子どもに勉強ができる「良い子」や受験の勝利者、社会の要求に応えて結果を出す若者を一方的に要求した。それだけに、それに応じられない子どもにとって、社会は極めて冷酷で不寛容、そして否定的かつ抑うつ的なものと映り、そのむしゃくしゃした気持ちの発散を求めて「暴走」という犯行を繰り返した。しかし、2000年代になると、バブルが崩壊して若者像が多様化する中、社会は子どもに無関心になり、「暴走」する意味そのものが失われることになった。反抗相手がいなくなった「暴走」という反抗形態は衰退の一途をたどり、今では過去の非行・犯罪の一つと見られるようになっている。その一方で、寛容に見せる社会への反抗は、内部に向かって学級崩壊や校内暴力に姿を変え、SNSを通じたイジメへの変遷しているのかもしれない。

安香(1980)は、暴走族の特徴を一言で表現するなら、落ちこぼれの意識と感情にあると指摘している。メンバーに学生が非常に少なく、グループ自体の活動性は高いものの、メンバーの一人ひとりは無気力で、組織としての統制は極めて弱く流動的、そして警察や一般人への当てつけ的な行動が多いと続ける。



とはいえ、実際のところ「暴走」は単なる子どもの悪ふざけという位置づけで、これ以外の研究はほとんど行われていない。それは、ある年齢に達すると変わり身早く非行・犯罪から離れていく傾向があり、多くは「暴走」を不適切なモラトリアムの一過程として、あるいは大人への通過儀礼として歩んでいくと見ているからかもしれない。

引用・参考文献

暴走族を理解するためにおすすめの漫画。