臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

色々な財産犯 家出・万引き・侵入盗 

財産犯にはいくつかの種類があります。 

1.家出(財産犯の準備段階)



f:id:nutshell:20200712221614p:plain:w300

家出には、不快な状況から逃げ出したいという気持ちの他に、隠れん坊をして「本当」の自分を見つけてほしいという面がある。愛や自分の存在を確認するという意味が大きく、逆に言えば、「確認」してくれるだけの相手がいて、見つけてくれるはずという思いが根底にあるからこそできるものといえる。家のない家出は単なる「移動」でしかない。


2.万引き



f:id:nutshell:20200712220651p:plain:w350

初発型犯罪・高齢者犯罪の典型とされ、非行性・犯罪性の進んでいない人による機械的なもの、又は体力的な衰えのある高齢者の常習的なものが多いとされる。程度は軽く、動機や意味に関して、精神的又は物的な欠乏・欠損が単独又は複数関与していると考えられる。

(1)愛情欲求不満

寂しくて、かまってくれなくて、結構不満たらたら。

古典的な精神分析では、幼児性欲(口唇欲求)が満たされなかったたため、その満足を非合法的な手段で回復しようとする試みであり、盗みの行為と盗んだ品物それ自体に意味があるとされる。盗んだものが、食べ物なのか、本なのか、あるいは下着なのか。特に幼くして母親を亡くした場合、まるでそのこころの空虚感を埋め合わせるかのように、長年に渡って万引きを繰り返すという固執性を示そうとする(純粋窃盗犯)。

(2)刺激希求性

盗みのドキドキ以外に楽しみが何もないんです、情けないことに。

万引きが、心理的な緊張感を高める手段であり、古典的には「うつ病」との関係が指摘されてきた。「禁じられたことを隠れてする。」という点でマスターベーションと等価であり、窃盗の成功はオーガスムになるとされる。春日(2017)は、スリスを求める心性やギャンブルにも似た運試し、日常へ没頭することへの嫌悪、秘密を抱えることを介して自己確認等の作用機序があるとしながらも、何よりも反復がもたらす酩酊感が大きく関与していると指摘している。


私家版 精神医学事典

私家版 精神医学事典

  • 作者:春日武彦
  • 発売日: 2017/08/22
  • メディア: 単行本

3.侵入盗



f:id:nutshell:20200712221954p:plain:w380

事務所に盗みに入る場合を、侵入盗という。アメリカの研究によると、全罪種の中で最小のリスク・最大の成功率があるとされる盗みの形態である。運が良ければ、大金を得ることができる。通常、身体能力が必要なので、加齢に伴い万引きに移行することになる。衝動的に行われることはないが、テレビドラマのように入念に計画されたものでもない。万引きの上位互換といえよう。



引用・参考文献