臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

薬物使用の生理的機序と古典的分類

1.薬物使用の生理的機序 薬物依存の発症要因は、薬物乱用による脳内神経系の異常であり、乱用する薬物によって受容体は異なるものの、脳内報酬系と呼ばれる中枢の腹側被蓋野から辺縁系、特に側坐核に至るA10神経系に共通して異常が生じる。このA10神経が刺…

はじめに

大学院を終了後、スーパーヴィジョンを受けながら心理療法を行い、やがてスーパーヴィジョンをする側になりました。そんな中で、そろそろ自分が学んできた「学問」としての心理学について、自由に書いてみたいという「欲」が出てきました。このサイトは、そ…

依存性薬物の種類 アヘン型

アヘン型 代表的なものは、アヘン、モルヒネ、ヘロイン、コデインなど。 中枢作用:抑制 精神依存:+++ 身体依存:+++ 耐性:+++ 極めて抑うつ的で、無常の喜びへと引きこもろうとする。無価値感、罪悪感、超自我、恥の感情にもがいている。 アヘン…

依存性薬物の種類 幻覚剤型

幻覚剤型 代表的なものは、LSD、メスカリンなど。 中枢作用:興奮 精神依存:± 身体依存:- 耐性:+ LSDは現在知られている向精神物質の中で最も強力なものの1つで、極めて微量でもその効果を発揮する。体内での吸収率は100%と非常に高い。 LSDことリゼル…

依存性薬物の種類 コカイン型

コカイン型 代表的なものは、コカイン。 中枢作用:興奮 精神依存:+++ 身体依存:- 耐性:- 以前のコカ・コーラ。精神依存があり、最も乱用されている薬物の一つ。最も精神障害者との合併率が最も高い。 日本での流通が始まったのは1980年代頃。コロン…

依存性薬物の種類 有機溶剤型

有機溶剤型 代表的なものは、トルエンやアセトンなど。 中枢作用:抑制 精神依存:+ 身体依存:+ 耐性:± シンナーに含まれる有機溶剤には、中枢神経麻痺作用がある。特にトルエンはこの作用が強く、気化した蒸気を吸引すると即座に酩酊状態となり、その作…

依存性薬物の種類 大麻型

大麻型 代表的なものは、大麻など。 中枢作用:抑制 精神依存:+ 身体依存:- 耐性:- 合理化が働きやすいオーガニック系薬物。大麻が違法な国と違法でない国がある。 大麻の向精神作用は古来から多くの民族によって知られ、陶酔をもたらすために利用され…

依存性薬物の分類 覚醒剤型

覚醒剤型 代表的なものは、アンフェタミン、メタンフェタミンなど。 中枢作用:興奮 精神依存:+++ 身体依存:- 耐性:+++ 覚醒亢進と食欲減退をもたらすのが特徴である。こうした作用は12時間以上も続き、多量に摂取すると暴力的行為、不安、不眠、…

薬物犯とは どうして人は覚醒剤を使うのか?

どうして人は覚醒剤を使うのか? 覚醒剤などの薬物を乱用する人は、アルコール依存症とは異なり、不安定な子ども時代を送った過去を持ち、精神症状に対して「自己処方(self-medication)」として薬物を用いようとする。また、両親との関係に障害があること…

凶悪犯とは 強盗犯篇 なぜ強盗をするのか?

強盗とは 強盗とは、「強制的もしくは暴力的により、かつ、または、被害者を恐怖に陥れて、一個人もしくは複数の個人の庇護、管理、統制下から価値のあるものを窃取すること、もしくはその未遂である。」と定義される。アメリカの強盗は、約30%以上が知人に…

凶悪犯とは 殺人犯篇 なぜ人が人を殺すのか?

凶悪犯とは 凶悪犯とは、殺人、強盗などの罪を犯した者である。凶悪犯の中に強姦(強制性交等罪)や放火を含む分類方法もあるが、心理機制が全く異なるため、ここでは強姦(強制性交等罪)は性犯に分類し、放火はその他(放火犯)に分類している。 凶悪犯・…

性犯とは 人はなぜ性犯罪に及ぶのか?

性犯罪とは 性犯罪とは、強姦(レイプ)や強制わいせつ(レイプまではいかないわいせつ行為)などの性的な刺激を求めた犯罪のことである。子どものときに性的虐待と身体的虐待又は精神的虐待を受けたことが多いとされる。 古典的な精神分析では、性犯罪は性…

粗暴犯とは 人はなぜ暴力を振るうのか?

粗暴犯とは 粗暴犯とは、直接的な暴力によって他人に損害を与えた犯罪者のことである。主に暴行、傷害、脅迫、恐喝、凶器準備集合の罪を犯した者を指す。 フロイトは「トーテムとタブー」の中で、ある原始部族の成り立ちの神話について次のように述べている。…

色々な交通犯 暴走族

暴走族とは 1980~90年代、高度成長期真っ只中の社会は、子どもに勉強ができる「良い子」や受験の勝利者、社会の要求に応えて結果を出す若者を一方的に要求した。それだけに、それに応じられない子どもにとって、社会は極めて冷酷で不寛容、そして否定的かつ…

色々な薬物犯 シンナー(有機溶剤)吸引

シンナー吸引 シンナーとは、各種染料を薄めるための「薄め液」のことで有機溶剤の総称である。世界中でシンナー遊びが社会問題化したのは日本が最初で、1960年代後半からヒッピーブームメントが始まり、ドラッグフリークが大量に出現した。その中でシンナー…

色々な財産犯 引ったくり・仮睡盗・知人盗・下着盗

1.引ったくり 通常、万引きなどの窃盗は、秘密裏に行われる。従業員や店員の動きを見ながら、監視カメラの位置を確認し、バックや服の中にさっと入れて見つからないように「上手」に店を出る。しかし、引ったくりは被害者の持っているものを直接的、ときに…

色々な財産犯 家出・万引き・侵入盗 

財産犯にはいくつかの種類があります。 1.家出(財産犯の準備段階) 家出には、不快な状況から逃げ出したいという気持ちの他に、隠れん坊をして「本当」の自分を見つけてほしいという面がある。愛や自分の存在を確認するという意味が大きく、逆に言えば、…

財産犯とは なぜ人は盗みをするのか?

財産犯とは 財産犯とは、他人の金銭などを盗んだり(窃盗罪)、だまし盗ったり(詐欺罪)する犯罪一群のことである。その際、他人を殴って奪ったり(強盗罪)、脅し取ったり(脅迫罪)しない。その目的が「財産」のみに焦点づけられていることから、財産犯と…