臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

アルコール依存症とは

1.アルコール依存症 アルコールは、リラックスした気分や酩酊の心地よさ、人付き合いのツール、酒に伴う楽しい雰囲気などのために行われる。しかし、いつしかそれが形骸化し、飲むことだけが目的になる。酒を飲まなければならないとの強迫観念に囚われ、不…