臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

アルコール妄想症

1.アルコール妄想症 アルコール妄想症とは、アルコール依存症に見られる慢性妄想のことである。慢性妄想は、①解釈妄想と②幻覚妄想に分けられる。 (1)解釈妄想 解釈妄想は、出来事に対する妄想的な解釈で、アルコールの場合は特定の対象にのみ妄想が生じ…

アルコール幻覚症

1.アルコール幻覚症 アルコール精神病の一つ(下位カテゴリー)で、アルコール依存症の人が多量の飲酒をした際に急激に発症する精神病性障害である。内的な葛藤や罪悪感を反映した敵意的・脅迫的な内容の幻聴が展開され、三人称で名指ししながら対話し、侮…

心理学用語集 アルコール精神病とは

アルコール精神病 実際のところ、アルコール精神病に定義はなく、アルコール依存に関連して生じる神経・精神障害の総称である。何でもあり。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アルコール依存症

1.アルコール依存症 アルコールは、リラックスした気分や酩酊の心地よさ、人付き合いのツール、酒に伴う楽しい雰囲気などのために行われるが、いつしかそれが形骸化し、飲むことだけが目的になる。酒を飲まなければならないとの強迫観念に囚われ、不快なこ…