臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

精神医学

ビッグ・ファイブ

1.ビッグ・ファイブ ビッグ・ファイブ(Big five)は、パーソナリティ特性論の1つの主要な考え方である。5つの特性・次元でパーソナリティを包括的に説明できるというもので、1980年以降注目されるようになった。 5つの次元とは、 1.Openness to experien…

脳波

1.4つの脳波 脳波は4つに分けられる。 δ(デルタ)波:0.5〜4Hz未満 Θ(シータ)波:4〜8Hz未満(slow wave) α(アルファ)波:8〜13Hz未満 Β(ベータ)波:13Hz以上(fast wave) (1)α(アルファ)波:8〜13Hz未満 1929年にドイツのハンス・ベルガ…

意識と意識障害

1.意識 意識とは、自分の状態と周囲の状態を知っていることと、それに気がついていることである。英語、フランス語ともにラテン語のcum(ともに)とscius(scireの過去分詞、「知った」)から合成されたconsciusを語源とする。ラテン語に「知る」という意…

意志薄弱と意志欠如(者)

1.意志薄弱 意志薄弱とは、環境の影響を異常に受けやすい傾向のことである。シュナイダーの意志欠如とほぼ同じ意味か、それよりは軽い程度とされる。意志の発動性と持続性が弱いため、主体性や自主性に欠け、周囲の影響を受けてころころと態度を変えやすい…

意志と意志欠如

1.意志 意志とは、ある行動を選択・実行することである。動因、動機、欲求などの行動を引き起こす内的な状態とほぼ同じ意味で用いられ、何かをしよう、これをしたいという気持ちを表す。精神医学では、意志を動因の上に立ってそれを方向づけるものと定義さ…

アニミズム

1.アニミズム 宗教の最も原始的な形で、木や草や水や山、岩などの自然や動物の中にも人間と同じように精霊や霊魂が宿っているという考え方。森羅万象すべての事物に霊が宿り、それらを崇拝するという思想は、未開拓民族だけでなく現在の人の意識の中にも存…

悪魔憑き

1.悪魔憑きとは 悪魔に憑依され、支配されているという幻覚・妄想のこと。悪魔体験に関連する病態を総称して悪魔症ともいう。ゼグラ(1895)によると、次の3つに分類される。 1.外的悪魔憑き 悪魔は外から嫌がらせをする(≒迫害不安) 2.内的悪魔憑き 悪…

不安

恐怖は、それを喚起するはっきりとした外的な対象が存在する感情である。それに対して不安は、漠然とした怖れの感情である。とりとめもなく、どうにもならない困惑や焦燥そのものであるといえるかもしれない。K.ゴールドスティンは、破局的な状況が迫った際…

様々なうつ病(うつ病の種類の続き)

1.心因性うつ病 心因性うつ病には、狭義の概念と広義の概念がある。狭義の概念は、もともとJ.ランゲが提唱したものである。J.ランゲは、内因性うつ病、反応性うつ病、心因性うつ病の3つに分けた。反応性うつ病は、抑うつに至るきっかけに遭ってうつ状態を…

躁うつ病

1.躁うつ病 統合失調症と並ぶ二大内因性精神病の一つ。躁状態やうつ状態という感情の障害が、はっきりとした周期を持って出現し、通常、経過後に人格欠陥を残さずに完全な回復に至る。以前は感情病といわれ、その両極性に注目して循環精神病、循環病などと…

うつ病の種類とうつ病仮説

1.うつ病の種類 (1)症状によるうつ病の種類 1.メランコリー型 重症のうつ病の一つ。ほとんどすべての活動で喜びが全く感じられなくなる。早朝覚醒、過度の焦燥または気力の減退、食欲不振または体重減少、過度の罪悪感などの症状が見られる。 2.緊張…

気分障害

気分障害 1.気分障害の成り立ち 従来の抑うつ神経症や躁うつ病、情動性人格異常など、抑うつや気分の高揚などの気分変化を主とするカテゴリーの総称として、1987年、DSM-Ⅲ-Rで最初に用いられた疾病分類。後にICD-10においても採用された。これまでは感情障…

うつ病

1.うつ病とは うつ病とは、古代からメランコリーという名で知られている状態である。うつ病(depression)の語源は、ラテン語のdepremere(抑える、低下される)であり、もともとは精神機能の減少や障害を表す概念として用いられた。E.クレペリンは、この…

統合失調症

1.はじめに 統合失調症は、発生頻度の高さ、病像の特異性、治療上の困難さなどから、最も重視すべき病気である。にもかかわらず、身体的基盤については今のところ確実な知見が得られていない。その診断はもっぱら精神症状と経過を観察することによって行わ…