臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

抗うつ薬

抗うつ薬の種類 第一世代から第四世代まで

抗うつ薬の各論 1.第一世代 三環系抗うつ薬(1950年代〜)。古典的な薬。自殺の手段に使える。1950年代後半に、スイスの精神科医が偶然発見した。三環系という名称は、3つの環を持つ化学的構造に由来する。この薬は、神経伝達物質を作る細胞が、神経伝達物…

向精神薬 抗うつ薬の特徴

抗うつ薬とは 精神医療で薬物療法を占める割合が大きく、基本的に薬物療法は必ず行われる。 現在の精神科治療は、1952年クロルプロマジンの抗精神病作用の発見に始まるとされる。その数年前からクロルプロマジンは、交感・副交感神経の両方を遮断できる画期…