臨床心理学にいる

学問としての臨床心理学や犯罪心理学について、日々徒然と書いているサイトです。

向精神薬

抗精神病薬 基礎知識と補足事項

向精神薬の基礎知識と補足事項 1.うつ病の病因仮説 古典的モノアミン仮説では、うつ病は脳内モノアミン(ノルアドレナリン・セロトニン・ドパミン)量が減少することに起きると仮定する。そのため、抗うつ薬によって低下したモノアミンを増加させることに…

抗精神病薬の種類 抗不安薬

抗不安薬の種類 現在使用されているのは、ほとんどがベンゾジアゼピン系の薬物。ベンゾジアゼピン系の薬物は元来、精神的・身体的依存をきたすが、臨床に用いられるものはできるだけその傾向が少ないものが選ばれる。利点は、薬効量と中毒量の差が大きいこと…

抗精神病薬の種類 抗躁薬(気分安定薬)

抗躁薬(気分安定薬)の種類 気分の変調を是正するために投与した抗うつ薬を「補強する薬剤」、または「維持期の再燃を予防するための薬剤」である。 総称名テグレトール、一般名カルバマゼピン。非常に多彩な適応効能を持つ薬剤。基本的には抗てんかん薬で…

向精神薬 抗躁薬と抗不安薬の特徴

抗躁薬と抗不安薬とは 1.抗躁薬 抗躁薬とは気分安定化薬とも呼ばれ、躁病や双極性障害(躁うつ病)の躁状態に対して効果のある薬のことである。躁病や双極性障害の症状がエスカレートすると、多額の金銭を浪費したり、万引したり、大言壮語したり、他人に…

抗精神病薬の種類 非定型抗精神病薬

非定型抗精神病薬の種類 非定形抗精神病薬は、いくつかの精神伝達物質に対してより選択的に働き、ドーパミン受容体遮断作用だけでなく、セロトニン受容体をはじめとする様々な受容体に遮断作用を持つのが特徴である。現在の抗精神病薬の主流。 従来の定型抗…

向精神薬 抗精神病薬の特徴

抗精神病薬とは 抗精神病薬とは、その名の通り精神病に効くという薬の意味であり、統合失調症、非定形精神病、躁病、中毒性精神病といった障害に伴う幻覚や妄想、興奮を抑制する薬のことである。メジャートランキライザーとも呼ばれ、大きく定形抗精神病薬と…

睡眠薬の種類 非ベンゾジアゼピン系

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、脳内のベンゾジアゼピン受容体へ作用し、主にGABAの神経伝達を亢進することで催眠・鎮静作用を表すものである。ベンゾジアゼピン系に似ていないか、全く別の化学構造であるにもかかわらず、薬理…

睡眠薬の種類 バルビツール酸系

バルビツール酸系の睡眠薬 ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が存在する現在にあって、致死量の低い古典的なバルビツール酸系をあえて処方する理由はほとんどない。とはいえ、非常に良く効く。 通常、安全性の高いベンゾジアゼピン系の睡眠薬が処方され、利か…

睡眠薬の種類 ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬 ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、過去に使用されてきたバルビツール系の薬物に比べると非常に安全性の高い薬物といわれている。これはベンゾジアゼピン系の薬物が脳内のGABA神経のみに作用するという特徴をもっているためで、…

向精神薬 睡眠薬の特徴

睡眠薬とは 睡眠薬は、睡眠導入剤とも呼ばれ、睡眠障害(不眠症など)や睡眠が必要なときに基いられる薬の総称である。睡眠薬には、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系、シクロピロロン系、抗ヒスタミン薬などがあり、それぞれの薬が…

抗うつ薬の種類 第一世代から第四世代まで

抗うつ薬の各論 1.第一世代 三環系抗うつ薬(1950年代〜)。古典的な薬。自殺の手段に使える。1950年代後半に、スイスの精神科医が偶然発見した。三環系という名称は、3つの環を持つ化学的構造に由来する。この薬は、神経伝達物質を作る細胞が、神経伝達物…

向精神薬 抗うつ薬の特徴

抗うつ薬とは 精神医療で薬物療法を占める割合が大きく、基本的に薬物療法は必ず行われる。 現在の精神科治療は、1952年クロルプロマジンの抗精神病作用の発見に始まるとされる。その数年前からクロルプロマジンは、交感・副交感神経の両方を遮断できる画期…