臨床心理学にいる

臨床心理学や犯罪心理学についてのあれこれ

不安障害

不安

恐怖は、それを喚起するはっきりとした外的な対象が存在する感情である。それに対して不安は、漠然とした怖れの感情である。とりとめもなく、どうにもならない困惑や焦燥そのものであるといえるかもしれない。K.ゴールドスティンは、破局的な状況が迫った際…